焼き鳥屋考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
焼き鳥屋考

こにくは、焼き鳥という食べ物が、かなりの勢いで好きであります。
とくに好きなのは、ぼんじりと砂ずりです。塩が好きです。
焼き鳥ビールと、おでんビールは、それぞれの組み合わせが、こにく史上のそれぞれ金メダルと銀メダルみたいな感じであります。

これをいま、家の近所のフランチャイズの焼き鳥屋で書いています。
本日は、別件でいただいたお仕事で京都へ出張。
帰ってきて、ごはん作るのもしんどい、ってことで、ここへ直行。
GWの入り口ですが、23時ともなれば人もまばら。
ゆっくりビールと鳥を楽しんでおります。

こにくは一人暮らしですが、一人暮らしがどうもかなり性に合っているようで、
自炊も家事も、1人でマイペースなもんですから、まったく苦にならない。
しかしだれかと住んで、そのマイペースがくずされると、かなりイライラ来ると思います。

とはいえ、この「マイペース」は、世間的には「ズボラ」と言われるのだなと、最近知りました。

ズボラはぜひぜひほっといていただきたく、
1人で暮らすことにおいて、幸福感を高めるためにすごく大事なのはやはり「食」だなとこにくは思うのです。

こにくはごはんを作るのはわりと好きなのですけど、
先に述べた大好き2TOPのおでんと焼き鳥、これ、自炊でできるものとできないものとの2TOPでもあると思うのです。

つまり、おでんは自分で作れるけど(しかもごめんやけど、こにくのおでんはかなりうまいはず)、
焼き鳥って、自分で、家ではなかなかできないよね?
串に刺さんとあかんし、「炭火」とか、家で起こすの大変やん!!!

そう思ったとき、自分で自宅で1人メシを楽しむのと同じくらい
1人焼き鳥を楽しめるっちゅーのも、重要やなと思ったわけです。

1人で飲食店に行くのが苦手な人、全然平気な人、店によるな、っていう人、いろいろいらっしゃると思います。
そもそも、お店自体が「おひとりさま」を歓迎しないところもあったりしますので、そこはTPOをわきまえつつですけど、
要は「1人メシできる店がたくさんあるのもけっこう重要」ってことです。

いまいるこの焼き鳥屋が、劇的にうまいってわけでもないけど、
女ひとりで楽しく生きていこうと思ったら、焼き鳥屋くらいは1人でいかなあかんなと、思っている次第でございます。

逆に言うと、ひとりでふらっと来れる適当な焼き鳥屋が近所にあってよかった。

そして飛んでくる油をものともせず、そこでMacを開けなあかんなと、思っている次第でございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す